Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

rvmやめてrbenvにしてみた

ruby

特にrvmで困ってたわけではないけれども。試してみたかった。
強いていうなら、rvmとzshが仲よくない感じがしていたり、gemset使い分けとかしていたわけでもなく、私の用途にはオーバースペックな感はあった。

参考

手順については、上記リンクまま。とくに問題なく入りました。

これに前後して、powをhomebrewでインストールしたらnodeのコンパイルがやたら長かったり、powderと仲悪い感じになってしまったりして困った。
rbenvでは、gem-install後にはrbenv-rehashが必要な点だけ注意。これちょっと面倒。
ちゃんと設定してるのにそれでもpowがうまく動かないよーってときはリブートすればどうにかなる。きっと。

もしもやっぱりrvmに戻したいなら

rbenvのアンインストール方法についてはどこにも書いていないみたい。
単純に、以下のものを削除すればよさそう。

~/.rbenv
/usr/local/bin/rbenv
/usr/local/Cellar/rbenv
# rcファイルに追記したrbenv関連の設定

しばらくはrbenv使ってみます。
ただ、rbenvって毎回5文字もタイプするのしんどい。

alias rvm="rbenv"

混乱をまねきそうですね^^