Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

github:pagesはもう使っているか?

github

えんじにあ〜たるもの、自分が何をしているのか何をできるのか発信するのは大切なことです。
最後のRubyKaigiに参加し、いろいろなお話を聞いたのですが発表者の皆様の共通しているマインドとして「勉強しよう!発信しよう!」みたいなものを感じました。それからもちろん、楽しむことも大切ですね。
となると、Githubのアカウントは持っているべき。書いたコードを公開しよう。それが自己紹介の代わりともなっていくことでしょう。

それから、ネット上での各種活動もまとめておきたいですよね。そういったツールはすでに色々ありますが、もう少し技術寄りなまとめ静的ページを持っていてもいいかもしれません。かねてからSinatraでつくってherokuに置こうかなと思っていたのですが、もっと簡単な方法があります。それが、Github Pages なんですよ。

Github Pages

marutanm/marutanm.github.com · GitHub のように username.github.com といったリポジトリ作成し、index.html を置く。あとは通常通りgithubにpushする。そうすればGithubさんが http://marutanm.github.com/ みたいに対応したページを自動的にアレしてくれます。
f:id:marutanm:20110718182832p:image
うまくいっていればGithubからこんなnotificationがきます。
SinatraでつくってHerokuにおくにしても、それをgithubに置きもするでしょうから手間は変わらないどころか削減されますね。

たとえばiPhoneアプリをストアにsubmitするときなどサポートページのURLを要求されますが、プロジェクトでも同様にページをホスティングしてくれるのでそれを使うという手がありますね。
その他、独自ドメインを使ったり、独自404ページをだせるといった機能もあるようで、くわしくは GitHub Pages を参照くださいません。