Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

KURU TOGAその後

zakka

発売日に買ったKURU TOGAがその後どうなっているかというお話.
買ってからちょこちょこと使っている.そりゃあ毎日授業に出てノートとって〜みたいな学生生活ではないけれども,心がけて使ってみている感じ.

周囲の反応

「回るのはすごいけど,必要?」っていうのが多い感じ.たしかに要らないちゃあ要らない.んでも使っていると効果を実感してくるよ.

使い心地

KURU TOGAの使い心地に慣れた頃に他のシャープペンを使ったらなんとまぁ違和感を感じること感じること.「あ,片減りってこんなに使い心地を変えるのか」と驚いてしまった.

線の太さ

もともとシャーペンは細いのが好きで0.3mmを使っていたんだけれど,KURU TOGAなら0.5mmでも良いかも.安定して細い線で筆記ができるから.

芯の強さ

使ってていいなと思ったのが,片減りによって芯がくだけてしまうことがないこと.片減りしてしまうと,細い線で書きたくてペン本体を回してしまうことがしばしば,そうすると砕ける.紙に粉となった芯が飛び散る(ってほど大げさなことでもないし,どうでもいいんだけど).それが起きない.

まとめ

と,思ったことをまとめてて気づいたのが,ここに書いてる商品特徴そのまんま.ウソは言っていないし,おおげさなことも書いていない.安定した筆記ができるシャープペン.筆記具としてあるべき姿なのではないだろうか,とか書いてみたり.ちなみにシャープペンを発明したのはSHARPらしいよ.