Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

やっぱりQuicksilverかもしれない

apple software

MacBook Airを使い始めて1ヶ月が経過.今まではあんまりカスタマイズせずに使ってきた.なぜなら,まずストレージが限られているから.64GBの領域に極力データは保持しないように,入れるアプリケーションも最低限.そう,アプリケーションを厳選する→カスタマイズできる範囲がかぎられる,カスタマイズはあんまりしないってことになっていた.
カスタマイズしてなかった理由はそれだけではない.カスタマイズ環境に依存したくないって思いもあった.あんまりカスタマイズしちゃうと,その環境でしか作業ができなくなってしまう.カスタマイズ環境ではものすごく効率よく作業できても,ほかの環境での効率が下がることになりかねない.日常的に扱う機会があるMacが4台ある.諸事情により全てに同じ環境を構築ってわけにもいかない.そうなるとどの環境下でもそれなりに作業ができることが求められる.つまり,なるだけカスタマイズせずに,OSが提供してくれている機能だけですませるのが良い気がしてた.んでも,とても大きな誤算に気づいてしまった.キーボードをUS配列にしている時点で環境依存は始まってしまっていた.たまにJIS配列のキーボードに触ると使いづらいったらない.もうUS配列のキーボードという環境に依存してしまっている.こうなったらもう怖いものはない.例えるならば,中国産の食材は食べないように気をつけていたのに,外食とかでいつのまにか口にしてしまってたような感じ.こうなったらもう,自分が使いやすい環境を構築するのが一番じゃないか,と.中国産だろうと安い食材が一番だ!と.
というわけでカスタマイズ開始.どんどん自分専用環境にしちゃえ.まず入れたのはQuicksilver 前は使っていたんだけど,Leopardに移行したのを気にインストールしないままだった.あ,やっぱり便利かも.ランチャーとして使うにもFinderより速いし,学習機能もあるし.あと,所望のアプリケーションやらファイルやらの名前を少しまちがっていても「もしかしてこれっすか?」みたいに出してくれるのが優秀.
さて,次は何を入れよう?

関連

使ってるアプリはここでリストアップ http://osx.iusethis.com/user/marutanm